グループホームグリーン介護パート派遣【土日休みの介護の仕事求人】

☆医療事務の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。


グループホームグリーンでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



グループホームグリーンの概要

郵便番号 〒021-0024
住所 岩手県一関市幸町7-4
電話番号 0191-26-5070
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グループホームグリーンの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



土日休みの介護の仕事求人

☆医療事務の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



ケアマネージャーの求人数

近年、介護や医療系の仕事に対して、求人数がかなり増加しています。

その理由としては、現代社会が高齢化となり、高齢者の数が多くなったことも関係しています。

介護保険などの制度も充実しており、このような制度を利用して、老人ホームや訪問介護サービス、デイサービスなどの介護、福祉施設を利用する人も増えています。

このような仕事の中心を担うのがケアマネージャーであり、高齢者向けの施設では、必ず配置が義務づけられています。

ケアマネージャーの仕事とは、介護サービスの計画を立て、それを利用者に提案して、利用を希望する施設との連絡を取ることがあります。

そのため、利用者にとっては、重要なポジションとなります。

介護の仕事では、責任のあるポストとなり、収入もアップしますので、ホームヘルパーから、ケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

ケアマネージャー求人も多くあり、各都道府県の施設でも募集をしています。

都道府県は関係なく、どこでもケアマネージャーの仕事は出来ますし、ケアマネージャー求人もいろんなところであります。

もし、仕事を探しているならば、派遣会社に登録して、自分に合った職場を探してもらうもの良いですよ。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 職場の人間関係が面倒くさかった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 介護職員同士が仲が悪く仕事のミスが増えていた

転職の理由が「経験を活かせる施設で働きたい」「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「親の介護があるので日勤のみが希望」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「土日休みの介護の仕事求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●介護予防の仕事がしたい。

●特別養護老人ホームに就職したい。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●食事補助が有る施設に勤めたい。

●介護職の仕事がしたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

●定期健康診断がある施設で働きたい。

●有料老人ホームの求人を探している。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

●扶養手当がある施設で働きたい。

という希望なら

☆医療事務の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーター とは

【仕事の内容】
高齢者に特化せず、障がい者に対しても暮らしやすい住環境を整備するためのコーディネートを行うお仕事

①高齢者本人と、その家族の住環境に対し、相談にのり、アドバイスを行う
②ケアマネや工務店、ご利用者さまとの仲介役として連携し、具体的に改善方法を提案し、調整を行う
③施工立会い
④住宅改修の理由書作成 など

【勤務場所】
工務店、福祉用具レンタル店 など

【必要な資格】
福祉住環境コーディネーター(民間資格)




パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。

  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。

    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。



    転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

    ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

    初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

    【担当エージェントについて】
    担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
    一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
    なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

    面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
    いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
    何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

    就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
    どうかこれからもよろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました。

    ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

    他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

    【担当エージェントについて】
    私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
    紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
    希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

    働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
    本当にありがとうございました。
    もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

    ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

    今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
    あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
    自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

    【担当エージェントについて】
    介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
    大変なお仕事ですね。
    担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




    介護の取組状況及び今後のスケジュール

    平成25年度

    研究の実施(委託先:岩手県立大学)
    社会福祉分野に関する実態調査等を踏まえ、岩手県の福祉・介護人材の確保育成に係る方策のあり方を研究する。
    主な取組事項
    1.福祉・介護人材の確保育成に関する調査の実施
    ①事業所及び従事者向けアンケート調査
    ・対象施設:介護・障がい者福祉・児童福祉施設
    ・対象数:1,679 事業所、2,297 従事者
    ②若手職員に対するヒアリング調査
    調査対象:福祉・介護施設 1~3 年勤務経験者10名
    ③市町村など関係団体に対するヒアリング調査等
    2.従事者需要推計の実施
    人口動向から施設種別ごとに従事者数を推計
    3.研究報告書の作成
    ①人材確保育成に係るビジョンのとりまとめ
    ②調査結果等のとりまとめ
    ③具体的方策案のとりまとめ

    平成26年度

    「岩手県福祉・介護人材確保育成指針(仮称)」の検討
    研究成果等を踏まえつつ、いわて福祉コンソーシアム※において指針内容を検討し、本県における福祉・介護人材の確保育成に係る指針を策定する。
    ※ コンソーシアム構成団体:県、岩手県立大学、岩手県社会福祉協議会、岩手県社会福祉事業団、いきいき岩手支援財団、岩手県社会福祉士会
    【主な取組事項(案)】
    福祉コミュニティを担う人材育成に関する調査の実施
    ① 福祉コミュニティづくりに関するヒアリング調査
    ② 市町町社協等へのアンケート調査
    平成26年10月:指針中間案の作成
    1.福祉・介護人材の確保・定着対策
    ①新卒者など新たな人材の就業促進
    ②潜在有資格者の再就職促進
    ③従事者の離職防止
    2.福祉・介護人材の資質向上対策
    ①福祉人材のキャリアアップを支援する研修体系の構築
    ②キャリアアップを支援する研修の普及促進
    ③人材育成に取り組む事業所に対する支援

    平成27年度以降

    指針に基づく施策の展開
    指針に基づき、県、市町村、岩手県立大学及び福祉関係団体等が連携しながら、人材確保・育成に取り組む。




    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



    就職・転職コラム

    「自分が今来積み重ねてきた特異な手腕や特徴を有効活用して、この仕事に役立てる」というように自分と結びつけて、やっと面接相手にも納得できる力をもってあなたのやる気が伝わります。
    別の会社に就職していた者が仕事に就くには、派遣の仕事でもアルバイトでもいいので仕事の経歴を作ってしまい、小さめの企業を目標として面接と言うものを受けさせてもらうのが、大体の早道なのです。
    やっぱり人事担当者は、採用を希望している人の実際の力量などについて読み取ることで、「企業に有用で、そして活躍できそうな人物かどうか」を真面目に突きとめようとするのだ。そう思っています。
    外資系の勤務場所で望まれる商売する上でのビジネスマナーや技術は、日本人の企業戦士として希求される動き方や業務経験の基準を大変に超えているといえます。
    正直に申し上げて就職活動をしている最中に自己分析(キャリアの棚卸)を行った方がいいのではとハローワークで聞いてリアルにトライしてみたけれど、正直言って期待外れで何の役にも立たなかったのである。

    「氷河時代」と最初に命名された時期の若者たちは、マスコミが報道するニュースや世間の風潮に引きずられるままに「仕事があるだけで稀有なことだ」などと、会社を決意してしまった。
    内々定とは、新卒者に対する採用や選考に関する企業間の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定を出すのは、どんなに早くても、10月1日以降でなければいけないという取り決めがあるので、それまでは内々定というかたちをとっているというわけです。
    企業選定の視点というものは主に2つあり、一つの面では該当する会社のどこに興味があるのか、もう一方では、あなたがどんな職業に就いて、どんなメリットをつかみたいと想定していたのかという所です。
    転職という、言うなれば最後の手段をこれまで何度も使ってきたような人は、勝手に転職回数も増加傾向にあります。それで、同一会社の勤務が短いことがほとんどだということです。
    まずは就職したい会社がリアルに正社員に登用できる企業かどうか確かめたうえで、可能性があるようなら、とりあえずアルバイト、または派遣などとして働きつつ、正社員になることを目指すことが正解だと思います。

    転職を思い立つ時には、「今の会社よりもずっと高待遇のところがあるだろう」というふうなことを、まずみんな揃って想像してみることがあるだろう。
    面接の場で肝心なのは、あなた自身の印象である。数十分程度しかない面接によって、あなたの一部しか理解できない。そうなると、合否は面接のときの印象に影響されるものなのです。
    面接選考については、どういったところが良くなかったのか、ということを連絡してくれるやさしい企業はまずないので、求職者が改良すべき部分を確認するのは、容易ではないと思います。
    注意!人材紹介会社は多いけれども、普通は、就職している転職希望の人を対象とした企業やサービスなのである。だから就職して実務の経験がどんな仕事の場合でも数年はないと相手にすらしてくれません。
    分かりやすく言うと運送業の会社の面接の場合、どんなに簿記の1級の資格について伝えても一切評価されないけれど、逆に事務の人のときは、高いパフォーマンスがある人材として評価される。