岩崎外科医院介護求人サポート【土日休みの介護の仕事求人】

☆准看護師取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。


岩崎外科医院では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



岩崎外科医院の概要

郵便番号 〒021-0821
住所 岩手県一関市三関字仲田37-1
電話番号 0191-26-2488
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

岩崎外科医院の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



土日休みの介護の仕事求人

☆准看護師取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた

転職の理由が「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」「研修制度のしっかりした職場で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「土日休みの介護の仕事求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●土・日・祝日の合計日数をシフトで取得したい。

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●訪問入浴の仕事がしたい。

●介護施設で看護師として働きたい。

●特別養護老人ホームに就職したい。

●正社員の求人を探している。

●夜勤がない介護施設を探している。

●交通費全額支給の介護施設で働きたい。

●障害者施設に勤めたい。

という希望なら

☆准看護師取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。

コチラがおすすめです!



計画作成担当者の仕事内容

計画作成担当者 とは

【仕事の内容】
施設サービスの中で、本人の希望を交えて、サービスを組み立て、現場業務を通じてモニタリングをするお仕事

①施設サービスの計画をたてる(自施設利用者の介護計画を作る)
②利用者・家族⇔施設スタッフの調整を行う
③提供するサービスの観察、調整を行う
④家族・かかりつけ医と連携を取り、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
有料老人ホーム・グループホーム(GH)

【必要な資格】
介護支援専門員
※GHの場合は「認知症介護実践者研修」終了者であることが必須です。




介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

  • 【転職支援サイト】
    介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。

  • 【介護の求人検索サイト】
    求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
    一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

  • 2つ同時に登録、利用可能です。
    今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
    求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
    情報は広くたくさん集めましょう。

人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。

  • 人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート

    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。




  • 介護の仕事の特徴

    まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

    介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

    訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

    次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

    また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

    施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

    健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

    他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

    訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

    最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

    特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

    ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

    ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

    その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




    介護の取組状況及び今後のスケジュール

    平成25年度

    研究の実施(委託先:岩手県立大学)
    社会福祉分野に関する実態調査等を踏まえ、岩手県の福祉・介護人材の確保育成に係る方策のあり方を研究する。
    主な取組事項
    1.福祉・介護人材の確保育成に関する調査の実施
    ①事業所及び従事者向けアンケート調査
    ・対象施設:介護・障がい者福祉・児童福祉施設
    ・対象数:1,679 事業所、2,297 従事者
    ②若手職員に対するヒアリング調査
    調査対象:福祉・介護施設 1~3 年勤務経験者10名
    ③市町村など関係団体に対するヒアリング調査等
    2.従事者需要推計の実施
    人口動向から施設種別ごとに従事者数を推計
    3.研究報告書の作成
    ①人材確保育成に係るビジョンのとりまとめ
    ②調査結果等のとりまとめ
    ③具体的方策案のとりまとめ

    平成26年度

    「岩手県福祉・介護人材確保育成指針(仮称)」の検討
    研究成果等を踏まえつつ、いわて福祉コンソーシアム※において指針内容を検討し、本県における福祉・介護人材の確保育成に係る指針を策定する。
    ※ コンソーシアム構成団体:県、岩手県立大学、岩手県社会福祉協議会、岩手県社会福祉事業団、いきいき岩手支援財団、岩手県社会福祉士会
    【主な取組事項(案)】
    福祉コミュニティを担う人材育成に関する調査の実施
    ① 福祉コミュニティづくりに関するヒアリング調査
    ② 市町町社協等へのアンケート調査
    平成26年10月:指針中間案の作成
    1.福祉・介護人材の確保・定着対策
    ①新卒者など新たな人材の就業促進
    ②潜在有資格者の再就職促進
    ③従事者の離職防止
    2.福祉・介護人材の資質向上対策
    ①福祉人材のキャリアアップを支援する研修体系の構築
    ②キャリアアップを支援する研修の普及促進
    ③人材育成に取り組む事業所に対する支援

    平成27年度以降

    指針に基づく施策の展開
    指針に基づき、県、市町村、岩手県立大学及び福祉関係団体等が連携しながら、人材確保・育成に取り組む。




    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



    就職・転職コラム

    学生諸君の周囲の人には「自分のやりたいことが明確」な」人はいませんか。そういう人なら、会社にすればよい点が簡明な人なのです。
    いわゆる会社説明会から加わって、筆記テストやたび重なる面接と歩んでいきますが、それらの他に希望する企業でのインターンシップや同じ学校の卒業生を訪問したり、採用担当者と面接するといった取り組みもあります。
    もう関わりがなくなったといった側ではなく、苦労の末自分を認定してくれて、入社の内定までしてもらった企業に向かって、誠意のこもった受け答えを注意しておくべきです。
    一回でも外資系企業で労働していた人のほとんどは、元のまま外資の経験を続投する色合いが強いです。すなわち外資から日本企業に戻って就職する人は、珍しいということです。
    転職という様な、ひとつの最後の手段を今まで繰り返し使ってきた経歴がある人は、自動的に転職回数も膨らむのだ。そういう理由で、一つの会社の勤務が短いことが多いわけです。

    内々定と言われているものは、新規卒業者(予定者)に対する採用選考における企業や団体の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、どれほど早くても、10月1日以降でなければいけないと決められているので、まずは内々定というかたちにしているのです。
    現段階で、就職のための活動をしている当の企業というのが、はなから志望企業でないために、志望理由ということが明確にできないというような相談が、今の期間には多いのです。
    実質的には、日本の優秀なテクノロジーのたいていは、いわゆる中小企業の町工場で開発されていますし、賃金面とか福利厚生も十分であったり、発展中の企業も見受けられます。
    私も就職活動の当初は、「絶対やってやるぞ」と思っていたのだが、ずっと不採用の通知ばかりが届いて、こうなってくるとすっかり面接会などに出席することすら無理だと思ってしまうようになったのである。
    「入社希望の企業に相対して、おのれという人物を、一体どれだけ有望で目を見張るようにプレゼンできるか」という能力を高めろ、といった意味だ。

    新卒以外の人は、まずは「入れそうで、仕事の経験も蓄えられそうな会社」なら、なんとしてでも就社しましょう。零細企業だろうと差し支えないのです。職務経験と職歴を獲得できればそれで大丈夫です。
    転職活動が学卒などの就職活動と基本的に異なるのは、「職務経歴書」だと思います。過去の勤務先等での職場での地位や職務経歴を平易に、ポイントを確実に押さえながら作成することが必須なのです。
    現段階では、行きたいと願う会社ではないという可能性もありますが、いま求人中のこれ以外の会社と鑑みて、少しだけでも長所に思われる所は、どの辺りにあるのかを考察してみましょう。
    「自分が養ってきた能力をこういった会社でなら有効に用いることができる(会社に尽力できる)」、それによってそういった会社を入社したいというケースも、一種の願望です。
    「自らが好きな事ならいくら困難でも踏ん張れる」とか、「自分を向上させるために強いて厳しい仕事を拾い出す」というような話、しきりと耳にします。