特別養護老人ホーム明生園/高齢者総合相談センターさくらまち介護求人病院【土日休みの介護の仕事求人】

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。


特別養護老人ホーム明生園/高齢者総合相談センターさくらまちでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



特別養護老人ホーム明生園/高齢者総合相談センターさくらまちの概要

郵便番号 〒021-0821
住所 岩手県一関市三関字桜町36-3
電話番号 0191-48-3180
施設形態 特別養護老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

特別養護老人ホーム明生園/高齢者総合相談センターさくらまちの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



土日休みの介護の仕事求人

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーをはじめとする介護職員という仕事は、困っている多くの人から本当に必要とされている重要なお仕事です。
「介護職員処遇改善加算」が導入されたことで、介護業界の大手企業を皮切りに介護職員の給与アップや待遇を見直す動きが加速しています。
転職先での給与アップやキャリアアップは現実的なお話です。
あなたらしく、やりがいをもって働ける職場とめぐり逢えるといいですね。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 職場の人間関係が面倒くさかった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 介護職員同士が仲が悪く仕事のミスが増えていた

転職の理由が「経験を活かせる施設で働きたい」「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「親の介護があるので日勤のみが希望」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「土日休みの介護の仕事求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

●土・日・祝日の合計日数をシフトで取得したい。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

●居宅介護支援で仕事がしたい。

●老人保健施設に就職したい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

という希望なら

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

コチラがおすすめです!



高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

今こそ高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

日本の高齢化率は、2010年には、23.1%が65歳以上となり75歳以上が10%を超えています。

そう、約4人に1人が高齢者、その中で75歳以上が10人に1人いるわけです。

この高齢社会を支える仕事こそが、介護職です。

介護施設ではあなたを待っています。

介護の仕事は、身の回りのお世話することだけだと思っていませんか?

ただ大変な仕事としか思ってませんか?

しかし介護施設は、地域とのかかわりあいや、季節の行事などを積極的に行い、利用者だけでなく、自身も楽しむ場であります。

自分が、何年、何十年か先に入るかもしれない場所をみんなで力を合わせて、より良い場所にしましょう。

行事では、自分の特技を生かせることもあります。今の仕事にやりがいを感じていないあなたこそ、この仕事に生きがいを求めてみませんか?




介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。

自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。

またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。

高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。

・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。

短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。

週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




岩手県における福祉・介護人材の確保育成について

介護の背景と課題

福祉を取り巻く社会情勢の変化
少子・高齢社会の進展等により、岩手県民の福祉サービスに対する需要の増大・多様化が見込まれ、福祉人材の確保と福祉・介護サービス従事者の資質向上が求められている。
また、行政においては、多様なニーズを背景とする社会福祉制度の改正への対応や、複雑化・高度化する相談援助業務への対応が求められている。

岩手県における福祉・介護人材の確保育成に関する現状・課題
1.社会福祉施設等においては、施設サービスや在宅サービスの拡大によるサービス量が増加傾向にあるのに対し、充実したサービスを提供するための新規の人材確保が困難な状況になっている。
また、従事者の定着や離職防止を図るための職場環境の改善等が求められている。
2.人材の定着及び資質向上を図るため、職員一人ひとりがキャリアアップを通じた自己実現が可能となる「やりがいのある職場づくり」に取り組む必要がある。
3.岩手県は、研修等訓練を通じて、福祉行政に携わる職員の資質向上を図ることが社会福祉法に義務付けられており、多様化・複雑化する福祉ニーズに対応できるよう、より充実した研修を行う必要がある。



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

言うまでもなく就職活動は、面接するのも応募したあなたですし、試験の受験だって応募者であるあなたです。しかしながら、行き詰った時には、ほかの人に尋ねてみるのもいいと思われる。
自分について、適切に相手に知らせられず、うんと反省してきました。いまの時点からでも省みての自己分析に長時間をかけるのは、今はもう取り返しがつかないものでしょうか。
せっかくの就職活動を一時停止することには、難点が挙げられます。それは、今日は募集中の企業も募集そのものが終了するケースだってあるということなのである。
就職活動に関して最終段階にある試練、面接による試験に関わることの説明させていただく。面接試験⇒求職者と募集をかけている会社の人事担当者との対面式での選考試験。
普通最終面接の次元で聞かれるようなことは、それより前の個人面接で試問されたこととだぶってしまいますが、「志望のきっかけ」が大変主流なようです。

仮に成長企業なのであっても、どんなことがあっても何十年も大丈夫、そんなことではあり得ません。企業を選ぶときにそのポイントも時間をかけて情報収集するべきだ。
基本的に退職金というのは、解雇ではなく本人の申し出による退職ならばその会社にもよるが、解雇と同じだけの額は支給されないので、とにかく転職先を確保してから退職するべきだ。
給料自体や労働待遇などが、すごく手厚いとしても、働く状況自体が悪いものになってしまったら、再度離職したくなることもあり得ます。
同業の者で「父親のコネのおかげでSEとして勤務していたが転職してきたのだ」という異色の経歴の人がいて、その男に言わせればシステムエンジニアの業界のほうが絶対に百倍くらいは楽なのだそうである。
ときには大学卒業のときに、新卒から外資系への就職を目指すという方もいますが、実績としてほとんどは、まずは日本国内の企業で勤務してから、30歳くらいになってから外資に転職というパターンの方が多いのだ。

仕事探しをし始めたころ、「希望の会社に入社するぞ」と本気だったのだが、毎度毎度不採用の通知ばかりが届いて、このごろはもう採用の担当者に会うことすらできないほどの恐怖を感じて行動できなくなっています。
すなわち仕事探しにおいて、ほしいと思っている情報は、応募先全体の方針あるいは業界のトレンドなど、採用されたらやる仕事の内容とは違い、職場全体を知りたい。そう考えての実情なのだ。
面接選考では、どういった部分がダメだったのか、ということをアナウンスしてくれる懇切な会社は皆無なので、応募者が自分で直すべきポイントを検討するのは、難儀なことです。
内々定と言われているのは、新卒者に係る採用選考等に関する企業間の倫理憲章に、正式な内定日は、10月1日以降にしようと決定されているので、まずは内々定という形式にしているのである。
別の企業で仕事しながら転職活動するケースでは、周辺の人達に助言を得ることも困難なものです。離職しての就職活動に照合してみると、相談可能な相手はある程度少ない人数になってしまいます。