アクティブプラザ早稲田子育て仕事求人【非常勤介護の仕事求人】

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。


アクティブプラザ早稲田では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



アクティブプラザ早稲田の概要

郵便番号 〒162-0041
住所 東京都新宿区早稲田鶴巻町112
電話番号 03-3207-6541
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

アクティブプラザ早稲田の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



非常勤介護の仕事求人

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護福祉施設の求人情報と就職・転職の進め方

あなたに最も適した介護施設の求人情報がすぐ近くにあるかもしれません。
すぐに介護のお仕事をスタートするつもりではなくても大丈夫です。
どれくらいのお給料なの? どんな雰囲気の施設なの?
知りたい方はこちらの情報がおすすめです。

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

介護福祉施設に直接聞きにくいことを聞けるのはこちら

介護福祉施設に、直接求人があるかどうか聞くのって勇気がいりますよね。

・お給料
・職員さんの雰囲気
・お休みがどれくらい保障されているか
・福利厚生
など、聞きたいことはたくさんあると思います。

しかし、こちらの都合ばかりを言ったり質問したりするのも、気がひけませんか。

それに、介護福祉施設の方はなるべくたくさんの方に面接をしてもらいたいので、自分の施設にとって都合が悪いことは伝えないでしょう。

そんな時はこちらで思う存分聞いて、納得のいく転職・就職をしてください。
無料で利用できます。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 先輩の給料を知って将来が不安になった
  • 入社説明の話と実態が大きく食い違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休憩時間も取れないほど忙しかった

転職の理由が「経験を活かせる施設で働きたい」「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「非常勤介護の仕事求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●訪問入浴の仕事がしたい。

●中高年でも出来る介護の仕事がしたい。

●訪問リハビリに就職したい。

●正社員の求人を探している。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●医療事務の仕事に付きたい。

●昇給がある介護施設で働きたい。

●ショートステイで勤務したい。

●有料老人ホームの求人を探している。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

という希望なら

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

コチラがおすすめです!



福祉用具専門相談員の仕事内容

福祉用具専門相談員 とは

【仕事の内容】
日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

【勤務場所】
居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

【必要な資格】
介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など




未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

転職を想像する時には、「今いるところよりも更に賃金や待遇の良いところがあるのではないか」このようなことを、たいてい一人残らず考慮することがあって当たり前だ。
自己判断をするような場合の意識しなければならない点は、抽象的な表現をできるだけ使用しないことです。曖昧な言葉づかいでは、面接官を理解させることはできないと知るべきです。
基本的に退職金については、解雇ではなく本人からの申し出による退職のときは会社によって違うけれど、無論のことそれほど多くの金額は支給されないので、何はともあれ再就職先がはっきりしてから退職するべきなのである。
非常に重要なのは何か?企業を決定する時は、絶対にあなたの欲望に忠実になってチョイスすることであって、どんな時も「自分のほうを就職先に合わせなければ」なんて愚かなことを思ってはならないのです。
勘違いする人が多いが、人材紹介会社というのは、普通は、はじめての就職ではなくて転職を希望している人をターゲットにしたところなので、企業で実務で働いた経験が最低でも数年以上はないと利用できません。

企業選定の観点は2つあって、一番目はその会社の何にそそられるのか、また別のある面では、自分が仕事をする上で、どんなやる気を身につけたいと思ったのかという点です。
仮に事務とは無関係な運送の仕事などの面接試験のときに、どんなに簿記1級の資格について伝えてもちっとも評価されません。逆に事務の仕事の場合であれば、即戦力の持ち主として期待されるのです。
「飾らないで本音をいえば、仕事を変えることを決心した最大の動機は給料にあります。」こんな場合もしばしばあります。ある会社(外資系IT企業)の営業関係の30代男性社員のエピソードです。
一部大学を卒業すると同時に、言ってみれば外資系企業への就職を目指すという人もいますが、実績として最も多いのは、まずは日本国内の企業で勤めて実績を作ってから、大体30歳前後で外資に転職というパターンなのです。
注目されている企業の一部で、千人以上の応募者がいる企業では、選考にかけられる人数の限界もあったりして、とりあえず出身校などで、不採用を決めることはしばしばあるようなので割り切ろう。

世間でいう会社説明会とは、会社側が開く就職関連の説明会のことで、よくセミナーとも呼ばれます。その会社を希望している学生や仕事を探している人を招集して、会社の概観や募集要項などの事柄を説明するものが代表的です。
通常最終面接の状況で問われるのは、これまでの面接で既に聞かれたようなことと同様になってしまいますが、「弊社を志望した動機」というのがずば抜けて有力なようです。
近い将来も、躍進しそうな業界に職を得る為には、その業界が間違いなく発展している業界なのか、急な拡大に調和した経営が運営できるのかどうかを洞察することが重要でしょう。
やっぱり人事担当者は、エントリー者の実際のスキルについて読み取ることで、「企業にとって必要で、活躍してくれそうな人物かどうか」をしっかりと選抜しようとしているのだ。そのように思うのである。
最底辺を知っている人間は、仕事の際にもうたれ強い。そのうたれ強さは、君たちの武器といえます。以後の仕事していく上で、相違なく有益になる日がきます。