ホームステーションらいふ高田馬場介護求人急募【非常勤介護の仕事求人】

☆非公開求人多数掲載。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


ホームステーションらいふ高田馬場では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



ホームステーションらいふ高田馬場の概要

郵便番号 〒169-0075
住所 東京都新宿区高田馬場1丁目30-1
電話番号 03-5291-1461
施設形態 有料老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

ホームステーションらいふ高田馬場の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



非常勤介護の仕事求人

☆非公開求人多数掲載。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職の求人は、転職支援サイトで見つける

転職支援サイトに登録すると、夜勤なしの求人情報や非公開の求人情報を教えてくれるだけでなく、たくさんの手厚いサポートをしてくれます。
だからこそ、介護福祉施設の中でもお給料が高い介護施設、雰囲気のいい介護施設に、より早く就職・転職できるんです。

介護職の転職・就職に詳しい転職のプロに頼むメリット

介護職員さんの転職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の転職を実現するためのお手伝いをしてくれます。

夜勤なしのお仕事を探しているあなたの希望条件に見合った求人を提供してくれます。

インターネットや雑誌で夜勤なしの求人や募集情報を探す時、「もっと深い情報や現場の情報が欲しい」と思ったことはないですか?
転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

これで、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、夜勤なしの介護士求人の中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。

面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • 激務なのに時給が安くて大変だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 資格を持っているのに活かせる仕事がなかった

転職の理由が「経験を評価してくれる施設に転職したい」「正社員として採用して欲しい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「駅近で通勤しやすいところがいい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「非常勤介護の仕事求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●いじわるな上司がいて仕事への意欲が湧かない。

●家事代行スタッフとして働きたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●介護職員として働きたい。

●訪問介護の求人を探している。

●グループホームの求人を探している。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●訪問入浴の仕事がしたい。

という希望なら

☆非公開求人多数掲載。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式名称を介護支援専門員と言い、都道府県が行う介護支援専門員試験に合格した者のことを言います。

介護支援専門委員の受験資格は、医療系の国家試験を持ち、実務経験を5年以上有する者に与えられます。

または、ヘルパー2級などの資格を持ち、5年以上介護関係の実務に従事した者、あるいは、介護の実務を10年以上行った者に与えられるものです。

いずれも毎年10月に都道府県が実施する試験を受け、合格した者のみが介護支援専門員となります。

この資格を取得しますと、ケアマネージャーの求人に応募することができ、ケアマネージャーの求人によって採用されると、仕事の開始となります。

主な仕事先は、グループハウス、老人福祉施設、介護施設などです。

仕事内容は、介護を必要とする人のために、ケアプランを作ることです。

介護を必要とする人はヘルパーの支援やマッサージ、理学療法などを受けることができます。

受けることのできる支援を上手に組み合わせたプランを作ることが仕事です。




未経験だけど介護施設で働きたい!

未経験だけどこの職場で働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、未経験OKの介護職求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

未経験OKの介護職求人のプロに、あなたの転職・就職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの職場が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、高待遇の転職も十分可能です!



介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

外資で仕事に就いている人は、そうは珍しくない。外資系の会社と言えば、少し前なら中途採用のすぐに力を発揮できる人を採用する感じだったけれども、至近では、新卒の就業に前向きな外資系会社もめざましい。
企業選定の観点としては2つあり、一つの面ではその会社のどのような所に心惹かれたのか、また別のある面では、自分が仕事をする上で、どんな励みをつかみたいと感じたのかです。
「自分の特質をこの職場でならば有効に利用することができる(会社のために貢献する)」、それによって先方の企業を希望するというような場合も、一つには重要な要素です。
第二新卒という言葉は、「学校を卒業して就職したものの短期間で退職した若年者」を表す名称なのです。近年では数年で離職してしまう若年者が増加傾向にあることから、このような言葉が生まれたと想定されます。
一般的な会社説明会とは、会社側が挙行する就業に関連した説明会のことで、セミナーとも呼称されます。希望する生徒達や転職希望者を集めて、企業の概括や募集に関する要点などを開設するというのが通常のやり方です。

現在は成長企業とはいえ、100パーセント今後も何も起こらない、まさか、そんなわけはないのです。だからそのポイントも十分に確認するべきである。
いわゆる会社というものは、1人の事情よりも組織の事情を重要とするため、たまさかに、気に入らないサプライズ人事があるものです。当たり前ながら当の本人なら不平があるでしょう。
賃金そのものや職場の待遇などが、どれほど好ましくても、働いている境遇そのものが劣悪になってしまったら、再度別の会社に転職したくなる可能性があります。
いろんな原因のせいで、違う職場への転職を考えているケースが予想以上に増えているのだ。そうはいっても、転職すると決めたはいいけれど、再就職してからのライフステージに大きな差が出る場合も少なくないのが現実だと把握しておくべきです。
「ペン等を持参するように。」と載っていれば、記述試験の可能性がありうるし、最近多い「懇親会」と載っているのなら、小集団での論議が取り行われるかもしれません。

新規採用以外なら、「なんとか入れそうで、経験もつめそうな企業」なら、まずは就職したいものです。社員が数人程度の会社だろうと気にしないでいいのです。仕事上の「経験」と「履歴」を蓄えられればそれで大丈夫です。
「希望の企業に対して、わたし自身という人的資源を、どういった風に期待されて華々しく提案できるか」という能力を修練しろ、ということが早道となる。
第一志望だった会社からの内々定でないからということだけで、内々定の返事で困る必要はない。就職活動を完了してから、内々定の出た応募先から決めればいいともいます。
職に就いたまま転職のための活動をするケースでは、近辺の人に相談にのってもらう事も至難の業です。いわゆる就職活動に鑑みると、相談を持ちかけられる相手はかなり少ない人数になってしまいます。
現段階では、行きたいと願う会社ではないかもしれないけれど、現時点で募集中のそこ以外の企業と比較してみて、ほんの少しでも良い点だと思う部分は、どんな点かを思い浮かべてみて下さい。