原町小規模多機能居宅介護センター介護バイト【土日休みの介護の仕事求人】

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


原町小規模多機能居宅介護センターでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



原町小規模多機能居宅介護センターの概要

郵便番号 〒162-0053
住所 東京都新宿区原町3丁目84-4
電話番号 03-5357-7789
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

原町小規模多機能居宅介護センターの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



土日休みの介護の仕事求人

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職の求人は、転職支援サイトで見つける

転職支援サイトに登録すると、夜勤なしの求人情報や非公開の求人情報を教えてくれるだけでなく、たくさんの手厚いサポートをしてくれます。
だからこそ、介護福祉施設の中でもお給料が高い介護施設、雰囲気のいい介護施設に、より早く就職・転職できるんです。

介護職の転職・就職に詳しい転職のプロに頼むメリット

介護職員さんの転職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の転職を実現するためのお手伝いをしてくれます。

夜勤なしのお仕事を探しているあなたの希望条件に見合った求人を提供してくれます。

インターネットや雑誌で夜勤なしの求人や募集情報を探す時、「もっと深い情報や現場の情報が欲しい」と思ったことはないですか?
転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

これで、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、夜勤なしの介護士求人の中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。

面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 自分ばかり仕事を押し付けられていた
  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 意地悪な先輩にいやがらせされていた
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた

転職の理由が「経験を評価してくれる施設に転職したい」「正社員として採用して欲しい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「駅近で通勤しやすいところがいい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「土日休みの介護の仕事求人」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●夜勤がない介護施設を探している。

●介護職員として働きたい。

●未経験だけど介護の仕事がしたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

●介護職の仕事がしたい。

●特別養護老人ホームに就職したい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●定年後再雇用制度があるところを探している。

という希望なら

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパーの募集

ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
(小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。




未経験OKの介護職とは?

未経験だけど介護職員として働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!



転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

今の仕事の同業者の人に「家族のコネでシステムエンジニアから、この業界に転職してきたのだ。」という経歴の人がいるが、その人の体験によればシステムエンジニアだった頃のほうが百倍くらいは楽ですとのこと。
内省というものをする場合の注意しなければならない点は、曖昧な表現をできるだけ使わないことです。要領を得ない表現では、人事部の人間を納得させることはとても難しいことでしょう。
「就職氷河時代」と一番初めに呼ばれた際の世代で、マスコミが報道する話題や社会の雰囲気に引きずられるままに「就職がある分掘り出し物だ」などと、仕事をすぐに決定してしまった。
現実に、わが国の優秀なテクノロジーの大半が、中小零細企業の小さな町工場で創造されていますし、年収だけでなく福利厚生についても充実しているとか、景気のいい企業もあるのです。
仕事探しの最初は、「採用を目指すぞ!」そんなふうに真剣だったのに、何度も悪い結果ばかりが続いて、このごろはすっかり担当者の話を聞くことでさえできないと感じて動けなくなってしまいます。

売り言葉に買い言葉ということで、「こんな会社いつでもやめてやる!」などといった感じで、興奮して退職することになる場合もあるが、こんなに不景気のなかで、感情的な退職は自重しなければなりません。
それなら勤めてみたい企業はどんな企業?と問われたら、どうも答えがでてこないが、今の勤め先に対して感じている不満を聞いてみると、「自分に対する評価が正当ではない」と思っている方が大勢いると報告されています。
差し当たって、就業のための活動をしている会社が、一番最初からの志望企業でなかったので、志望の理由というものが見つからないという葛藤を持つ人が、この時節には少なくないといえます。
どうしてもこんなことがしたいという具体的なものもないし、あれも良さそう、いや、これも良さそうとパニックになって、しまいには本当はどんな仕事がしたいのか企業の担当者に、話せないということではいけない。
【就活のための基礎】成長中の業界の企業には、大きなビジネスチャンスに巡り合うことがあるから、新規事業開始の機会もあれば、子会社を新しく作ったり、大事な事業やチームなどを任せてもらえる可能性が高くなるだろう。

転職といった、一種の何回も秘密兵器を使ってきた人は、自動的に離転職回数も増え続けるものです。そんなわけで、一社の勤務が短いことがよくあるということです。
知っておきたいのは退職金がもらえるとしても、言うなれば自己都合による退職なら会社にもよるけれども、無論のことそれほど多くの金額はもらえません。だから何よりもまず再就職先を確保してからの退職にしよう。
実際に私自身をスキル向上させたいとかどんどんスキル・アップできる就労先を見つけたい、という声を耳にすることがしょっちゅうあります。今の自分は成長していないと気づくと転職を意識する方がたくさんいます。
仕事上のことで何か話す都度、曖昧模糊とした感じで「どういったような事を考えているか」というだけではなく、そこに実例をミックスして語るようにしてみたらよいでしょう。
転職を想像する時には、「今の勤務先よりも随分と待遇の良い勤務先があるのではないか」というふうなことを、例外なくどんな方でも空想することがあるはず。