愛西市で転職!看護師の介護施設の仕事

病院で働いている看護師からすると、老人ホームでの仕事はなかなか想像できないかもしれません。
そこで例として、まずは現在老人ホームで働いている看護師の1日のタイムスケジュールから紹介しましょう。

老人ホームで働く看護師の1日のスケジュール

8:45出勤
9:00朝礼、夜勤者から連絡事項確認
9:30巡視、バイタルチェック
11:00受診同行、服薬など
12:00休憩
13:00巡視
14:00バイタルチェック
15:00受診同行、歯科診療など
16:00データ入力、報告書作成
17:00巡視、上長への業務報告
18:00退社
有料老人ホームで働く一例のタイムスケジュールです。
病院から老人ホームへ転職した場合ですが、仕事内容の違いはそれほど気にならない方が多いです。
バイタルチェック、食事や薬の管理など、病院と同じような仕事内容ですが、高齢者ばかりを相手にするので、病院のときに比べて介助の割合が大きくなる程度でしょうか。
仕事のペースも病院のときよりゆったりと感じ、残業が少なかったり夜勤がないのは生活にゆとりも出来て転職して良かったと答える看護師さんも多いです。
愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の
介護職求人サイトランキングはコチラ!

介護職求人サイトランキングはコチラ!

愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の介護求人情報を探す方法

転職=求人介護施設を探す!

  • 愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の介護求人のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の介護求人にお住いの方の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして介護施設に転職する方が増えています。
では具体的に「どうやって」愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の介護求人の介護施設で看護師の仕事に転職するのか紹介します。

おすすめは人材紹介会社

  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の介護求人の介護施設で看護師の仕事に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

人材紹介会社に登録する3つのメリット

  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい

転職活動の効率化

メリット①
会員登録を済ませると
・あなたの転職希望条件を登録しておくと、おすすめ介護施設が紹介されます。
・気になる介護施設に応募出来ます。
・転職仲間の転職活動がわかります。

転職の選択肢が広がる

メリット②
転職の選択肢が広がる様々な雇用条件に対応してくれます。
求人サイト内に掲載されてない非公開求人のオファーが届きます。

同時登録可能

メリット③
ランキング上位の複数サイトに登録が出来て複数のルートで転職活動が出来ます!
求人情報は日々更新されますからオープニングの介護施設も!
非公開の求人情報はお宝情報です。
業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート
転職の相談を実施しているサイトもあるので忙しい方でも安心
この様な沢山のメリットを活用して愛西市で転職!看護師資格保有者優遇の介護求人の介護施設で看護師の仕事に転職しませんか。

介護職求人サイトランキングはコチラ!

就職・転職に強い介護の資格

◇ケアマネジャー
◇ヘルパー(介護職員初任者研修)
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇介護事務
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
せっかくお持ちの資格を最大限に活かせる介護施設に就職・転職したいですよね。

そんなあなたにぴったりの介護施設を紹介しています。

しかし、無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護業界の転職を専門としたエージェントに、資格や経験、あるいは、資格がないこと・未経験であることを詳しく話すことで、あたなにぴったりの求人情報を提供してもらうことができます。

◇介護職にブランクがある方
◇介護関連資格が無資格の方
◇介護職が未経験・初めての方
でも心配いりません。安心して相談してくださいね。

介護・福祉のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。


介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?



検索数の多い介護施設

このページの先頭へ