愛西市で転職!訪問看護の仕事

訪問看護師のお仕事は、病気や怪我等で在宅で寝たきりの方、医学的管理やリハビリが必要な方、病気や療養生活に不安を抱えている方、あるいはそのご家族のケアとサポートを行うためにご利用者の自宅に直接訪問して、一人ひとりにあった看護を提供することです。
ケアの内容はご利用者によって様々ですが、
具体的には
①医師の指示に置よる医療処置(インシュリン注射・点滴等の施行・血糖測定ほか)
②血圧・体温・脈拍などのバイタルチェック
③医療機器(在宅酸素、人工呼吸器、持続点滴、膀胱カテーテル)
④褥瘡管理
⑤在宅でのリハビリ(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練ほか)
⑥認知症ケア(認知紹介後の相談、事故防止のための工夫)
⑦低栄養や運動機能低下を防ぐためのアドバイス
⑧療養上のお世話(食事、洗髪、入浴の介助ほか)
⑨終末期の看護(ターミナルケア)
など多岐にわたっています。
時にはご家族から相談を受けることもあります。
愛西市で転職!訪問看護の
介護職求人サイトランキングはコチラ!

介護職求人サイトランキングはコチラ!

愛西市で転職!訪問看護の介護士求人情報を探す方法

転職=求人介護施設を探す!

  • 愛西市で転職!訪問看護の介護士求人のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
愛西市で転職!訪問看護の介護士求人にお住いの方の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして介護施設に転職する方が増えています。
では具体的に「どうやって」愛西市で転職!訪問看護の介護士求人の介護施設で訪問看護の仕事に転職するのか紹介します。

おすすめは人材紹介会社

  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば愛西市で転職!訪問看護の介護士求人の介護施設で訪問看護の仕事に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

人材紹介会社に登録する3つのメリット

  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい

転職活動の効率化

メリット①
会員登録を済ませると
・あなたの転職希望条件を登録しておくと、おすすめ介護施設が紹介されます。
・気になる介護施設に応募出来ます。
・転職仲間の転職活動がわかります。

転職の選択肢が広がる

メリット②
転職の選択肢が広がる様々な雇用条件に対応してくれます。
求人サイト内に掲載されてない非公開求人のオファーが届きます。

同時登録可能

メリット③
ランキング上位の複数サイトに登録が出来て複数のルートで転職活動が出来ます!
求人情報は日々更新されますからオープニングの介護施設も!
非公開の求人情報はお宝情報です。
業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート
転職の相談を実施しているサイトもあるので忙しい方でも安心
この様な沢山のメリットを活用して愛西市で転職!訪問看護の介護士求人の介護施設で訪問看護の仕事に転職しませんか。

介護職求人サイトランキングはコチラ!

ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員 とは

【仕事の内容】
生活機能向上プログラムの指導のお仕事

①日常生活で必要な身体機能の維持改善のための個別訓練計画の作成
②機能訓練の実施
③介護職員への指導(日常動作におけるリハ的行動)
④モニタリング など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
看護師(国家資格)・准看護師(知事資格)・作業療法士(国家資格)・理学療法士(国家資格)・ 言語聴覚士(国家資格)・ 柔道整復師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
※類似資格の中で鍼灸師は要項を満たしません

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?



検索数の多い介護施設

このページの先頭へ