広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士の仕事

福祉サービス利用者の相談役として活躍しています。
社会福祉士は、病気や障害、生活状況などさまざまな理由によって、日常の生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。
社会福祉士が受ける相談内容は、「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」など福祉分野すべてが対象です。
「介護保険制度」
「障害者自立支援給付などの補助金制度」
「福祉施設の入居」
「介護士の派遣」
など、相談内容は多岐に渡ります。
社会福祉士は、さまざまな問題を抱える相談者の悩みを聞き、その人に適した公的支援や地域のサービスを結び付け、解決法を提案していきます。

社会福祉士の具体的な仕事は?

社会福祉士の業務は、どの職場で働くかによって大きく違いますが、今回は、社会福祉士が多く活躍している「生活相談員」を例にとり、詳しい仕事内容を紹介しましょう。
生活相談員は、「養護老人ホーム」「肢体不自由者更生施設」「知的障がい者授産施設」などで勤務し、主に相談業務をおこなう職種です。
現在、全国に約10万人の生活相談員が活躍しており、施設内のリーダー的存在として多くの社会福祉士が活躍しています。
広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の
介護職求人サイトランキングはコチラ!

介護職求人サイトランキングはコチラ!

広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の介護求人情報を探す方法

転職=求人介護施設を探す!

  • 広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の介護求人のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の介護求人にお住いの方の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして介護施設に転職する方が増えています。
では具体的に「どうやって」広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の介護求人の介護施設で社会福祉士の仕事に転職するのか紹介します。

おすすめは人材紹介会社

  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の介護求人の介護施設で社会福祉士の仕事に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

人材紹介会社に登録する3つのメリット

  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい

転職活動の効率化

メリット①
会員登録を済ませると
・あなたの転職希望条件を登録しておくと、おすすめ介護施設が紹介されます。
・気になる介護施設に応募出来ます。
・転職仲間の転職活動がわかります。

転職の選択肢が広がる

メリット②
転職の選択肢が広がる様々な雇用条件に対応してくれます。
求人サイト内に掲載されてない非公開求人のオファーが届きます。

同時登録可能

メリット③
ランキング上位の複数サイトに登録が出来て複数のルートで転職活動が出来ます!
求人情報は日々更新されますからオープニングの介護施設も!
非公開の求人情報はお宝情報です。
業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート
転職の相談を実施しているサイトもあるので忙しい方でも安心
この様な沢山のメリットを活用して広陵町(北葛城郡)で転職!社会福祉士資格保有者優遇の介護求人の介護施設で社会福祉士の仕事に転職しませんか。

介護職求人サイトランキングはコチラ!

多くの介護施設で転職求人の募集があります

有料老人ホーム・デイサービス・グループホームなど介護の現場では、深刻な人材不足が続いているためにかなりの売り手市場だと言われています。

介護施設への転職をお探しであれば、ご希望の条件で転職できる可能性が高いです。

以下の様な希望はありませんか?

◆今よりお給料のいいところに転職したい。

◆子供が小さいので残業のない職場に転職したい。

◆年間休日の多い大手企業に転職したい。

◆託児所完備の施設で子供を預けながら安心して働きたい。

◆車通勤OKの介護施設で働きたい。

◆資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。

◆自宅から近いエリアで働きたい。

◆社内研修のしっかりした施設で経験を積みたい。

◆正社員として働きたい。

◆将来が展望できるしっかりした会社に転職したい。

◆施設は未経験だけど在宅の経験を活かして転職したい。

◆人間関係が良好でアットホームな職場で働きたい。

◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。

◆夜勤手当などの手当が充実している可医者に転職したい。

◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。

◆転職支援金がもらえると転職しやすくなる。

そのほかにも、個別の事情やこまかい希望なども人それぞれにあると思いますので、ご希望の条件で転職できるよう求人情報を早めにチェックしてみてくださいね。

ハローワークには出てこない求人情報や、転職活動に役立つ最新情報なども入手できるのでオススメです。

サービス提供責任者の勤務先

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

未経験でも雇用をしてもらえるのか?

人の役に立ちたい仕事に就きたいと考えている方は、介護士の仕事を候補にする方も多いと思います。

介護の仕事は、ニュースや新聞などでも連日のように報道されていることからお分かりのように、人手が足りないところが多く介護士の求人も沢山あります。

介護の仕事と言っても、実は幅が非常に広く勤務場所などもさまざまです。

例えば、老人介護施設といって、高齢者の方を24時間お世話しているところであったり、介護を必要とされる自宅に出向いて、家事などのお手伝いをする訪問介護の仕事、昼間だけ高齢者の方をお預かりして、入浴などのサービスを行うデイサービスなどです。

未経験でも雇用をしてもらえるのか、資格がなくても働けるのか、求人情報を掲載しています。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

都道府県平成28年平成29年
4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
奈良1.131.141.131.161.111.131.341.241.261.221.221.21

※平成27年1月以前の数値は、平成27年1月分公表時に新季節指数により改訂されています(季節調整法は、センサス局法Ⅱ(X-12-ARIMA)による)。
(資料出所)厚生労働省「職業安定業務統計」

有効求人倍率の統計対象と算出例

有効求人倍率の統計対象は公共職業安定所(ハローワーク)を通じた求人・求職に限られています。
つまり求人雑誌に掲載されている求人情報や、求人サイトなどに登録されている求職者情報は統計には含まれていません。
また、新規学卒者に関する求人・求職も統計対象外となります。それでは、計算例を見てみしょう。

有効求人数(※1)が100件、有効求職者数(※2)が200件の場合の有効求人倍率の算出方法は以下の通りです。

100(有効求人数)÷200(有効求職者数)=0.5(有効求人倍率

※1 有効求人数とは
前月から未充足のまま繰り返された新規求人(その月受け付けた求人)との合計。
※2 有効求職者数とは
前月から繰り返して引き続き求職している者と新規求職者(その月に受け付けた求職申込み)との合計。

つまり、求職者の総数と求人数が同じ時、有効求人倍率は1となります。
この値が1を上回れば「人手不足」
1を下回れば「就職難」を意味していることになります。



検索数の多い介護施設

このページの先頭へ