御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修取得者の仕事

介護職員基礎研修とは?

「介護職員基礎研修」は、ホームヘルパー1級(訪問介護員1級課程)の上級資格として平成18年に作られ、介護業務に就く資格の1つとして位置づけられています。
※国家資格である介護福祉士の平成28年度(第29回)の試験からは実務者研修(介護職員基礎研修を修了している方は一定の優遇)が受験資格に加わります。
現在、介護職員基礎研修は廃止になりましたが、すでに取得している方はこれからも変わらず介護の仕事を続けることが可能です。
また、今後、介護福祉士を受ける場合(実務者研修を受講する際)にも、優遇があります。

介護職員基礎研修取得者の仕事は?

高齢者や心身に障害のある人が、自宅で自立して暮らすためのサポートを行う仕事です。
掃除や買い物、調理の援助など、生活支援的な業務と、おむつ交換や食事介助、体位交換など、身体介護的な業務があります。

どんな職場があるの?

訪問介護事業所、特別養護老人ホーム、老人保健施設、民間の有料老人ホーム、認知症(痴呆)グループホーム、デイサービスセンター(通所介護)、療養型などの病院、身体障害者更生施設などの障害者施設などの求人があります。
御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の
介護職求人サイトランキングはコチラ!

介護職求人サイトランキングはコチラ!

御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の介護求人情報を探す方法

転職=求人介護施設を探す!

  • 御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の介護求人のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の介護求人にお住いの方の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして介護施設に転職する方が増えています。
では具体的に「どうやって」御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の介護求人の介護施設で介護職員基礎研修の仕事に転職するのか紹介します。

おすすめは人材紹介会社

  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の介護求人の介護施設で介護職員基礎研修の仕事に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

人材紹介会社に登録する3つのメリット

  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい

転職活動の効率化

メリット①
会員登録を済ませると
・あなたの転職希望条件を登録しておくと、おすすめ介護施設が紹介されます。
・気になる介護施設に応募出来ます。
・転職仲間の転職活動がわかります。

転職の選択肢が広がる

メリット②
転職の選択肢が広がる様々な雇用条件に対応してくれます。
求人サイト内に掲載されてない非公開求人のオファーが届きます。

同時登録可能

メリット③
ランキング上位の複数サイトに登録が出来て複数のルートで転職活動が出来ます!
求人情報は日々更新されますからオープニングの介護施設も!
非公開の求人情報はお宝情報です。
業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート
転職の相談を実施しているサイトもあるので忙しい方でも安心
この様な沢山のメリットを活用して御杖村(宇陀郡)で転職!介護職員基礎研修資格保有者優遇の介護求人の介護施設で介護職員基礎研修の仕事に転職しませんか。

介護職求人サイトランキングはコチラ!

40歳以上の介護士・ヘルパーの転職・就職求人情報!

このサイトでは、年齢を気にせず介護士・ヘルパーの求人情報を探せます。
紙の求人票やインターネット検索で公開される求人情報だけではなく、好待遇の非公開求人情報もご紹介して、あなたの介護職への転職・就職に役立つ情報を提供します。


40代以上だとハロワで就職・転職活動は難しい?

40歳以上になると、ハロワでの介護職・ホームヘルパーのお仕事探し大変ですよね。

40代以上だと、就職・転職活動が久しぶりという方も多いと思います。

就職・転職活動をすべてを1人でやらないといけないとなると、不安ですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って・・。紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。

40歳代は要注意!紙の求人情報では介護施設の雰囲気は分からない!

ハローワークの求人票から、どれだけの情報が分かるでしょうか。

40歳代以上なら、なるべく最後の職場にしたい・・という方も多いと思います。
その場合、希望条件は、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、というソフト面を優先したいですよね。

しかし、求人票からはソフト面は読み取ることができません。

唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。



ハロワにはない情報満載!介護士・ヘルパーの好待遇・高給料の求人情報はここにある!

40歳代、50歳代におすすめの好待遇・高給料の求人情報を探す場合、2つの方法があります。



1、求人サイトに登録して、ハローワークにはない情報を見る。

無料の求人サイトに登録して、希望条件等を入力して情報を検索、見合う求人を見つけたら応募する、という流れです。
1人で求人情報を検索したい方、お急ぎではない方におすすめです。

2、転職・就職支援サイトに登録して、転職エージェントと一緒に就活や転職をする

ソフト面の情報が欲しい時は、介護業界で長年転職・就職活動やパート・アルバイト探しのサポートをしているプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
また、求人情報の提供だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。
就活や転職を急いでいる方、一生の職場を探している方、慎重に選びたい方におすすめです。


おすすめの、求人サイト、転職支援サイトはこちらで紹介しています


介護施設によるホームヘルパー求人について

全国的にホームヘルパー求人については、求人が多いものの、応募者がとても少ないという状況になっています。

各施設ごとに、ホームヘルパーの求人を行っているものの、実際に応募をされる人は募集よりも少ない、募集に満たないという場合が多く、売り手市場の状態です。

また、介護施設のホームヘルパーさんについても、年齢のために辞める人が増えている一方で、若い世代の人では「厳しい仕事である」という理由などから、早期に退職をする人もおり、働き手が少ない状態となっています。

肉体労働的な部分も多いため、また給与などがなかなかあがらないなどの現状から、このように就職で希望をする人があまりいない状態となってしまっています。

一方で、家事や育児を終えた人が、もう一度就職を決める際にホームヘルパー求人に応募するケースも多々あります。

現状では国の取り組みによって、労働環境・給与など条件が良くなって来ています。

キャリアアップも含め今後、期待できる職業と言えます。

無資格未経験でもハードルが低い職場は?

無資格未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

無資格未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

都道府県平成28年平成29年
4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
奈良1.131.141.131.161.111.131.341.241.261.221.221.21

※平成27年1月以前の数値は、平成27年1月分公表時に新季節指数により改訂されています(季節調整法は、センサス局法Ⅱ(X-12-ARIMA)による)。
(資料出所)厚生労働省「職業安定業務統計」

有効求人倍率の統計対象と算出例

有効求人倍率の統計対象は公共職業安定所(ハローワーク)を通じた求人・求職に限られています。
つまり求人雑誌に掲載されている求人情報や、求人サイトなどに登録されている求職者情報は統計には含まれていません。
また、新規学卒者に関する求人・求職も統計対象外となります。それでは、計算例を見てみしょう。

有効求人数(※1)が100件、有効求職者数(※2)が200件の場合の有効求人倍率の算出方法は以下の通りです。

100(有効求人数)÷200(有効求職者数)=0.5(有効求人倍率

※1 有効求人数とは
前月から未充足のまま繰り返された新規求人(その月受け付けた求人)との合計。
※2 有効求職者数とは
前月から繰り返して引き続き求職している者と新規求職者(その月に受け付けた求職申込み)との合計。

つまり、求職者の総数と求人数が同じ時、有効求人倍率は1となります。
この値が1を上回れば「人手不足」
1を下回れば「就職難」を意味していることになります。



検索数の多い介護施設

このページの先頭へ