曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧ってどんな仕事?

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

あん摩マッサージ指圧師の主な仕事内容は、患者さんの症状:肩こり・腰痛・頭痛などを、あん摩・マッサージ・指圧で解消・軽減することを仕事としています。
また何が原因で症状が起こったのかを追究するため、最初に問診や検査法を行ってから施術します。
あん摩、マッサージ、指圧治療が行われる主な施設としては、治療院、介護施設、病院などです。
またその他にも、スポーツ現場や美容、訪問在宅、企業内(ヘルスキーパー)などでも行われ、多岐にわたります。

必要な資格

必要な資格は、「あん摩マッサージ指圧師免許」です。
これは厚生労働大臣の国家免許となるので、厚生労働大臣・文部科学大臣が定めた専門学校・盲学校(特別支援学校)などの教育機関で3年以上の間に、知識や技術を習得し、さらに国家試験に合格することが条件となります。
必要な知識については、法律で定められています。
具体的には、人体の構造と機能といった基礎医学・病気について学ぶ臨床医学、及びベッドサイドでの臨床実習など、合計93単位(2,100~3,255時間)を履修する必要があります。
曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の
介護職求人サイトランキングはコチラ!

介護職求人サイトランキングはコチラ!

曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の介護求人情報を探す方法

転職=求人介護施設を探す!

  • 曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の介護求人のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の介護求人にお住いの方の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして介護施設に転職する方が増えています。
では具体的に「どうやって」曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の介護求人の介護施設であん摩マッサージ指圧師の仕事に転職するのか紹介します。

おすすめは人材紹介会社

  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の介護求人の介護施設であん摩マッサージ指圧師の仕事に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

人材紹介会社に登録する3つのメリット

  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい

転職活動の効率化

メリット①
会員登録を済ませると
・あなたの転職希望条件を登録しておくと、おすすめ介護施設が紹介されます。
・気になる介護施設に応募出来ます。
・転職仲間の転職活動がわかります。

転職の選択肢が広がる

メリット②
転職の選択肢が広がる様々な雇用条件に対応してくれます。
求人サイト内に掲載されてない非公開求人のオファーが届きます。

同時登録可能

メリット③
ランキング上位の複数サイトに登録が出来て複数のルートで転職活動が出来ます!
求人情報は日々更新されますからオープニングの介護施設も!
非公開の求人情報はお宝情報です。
業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート
転職の相談を実施しているサイトもあるので忙しい方でも安心
この様な沢山のメリットを活用して曽爾村(宇陀郡)で転職!あん摩マッサージ指圧師資格保有者優遇の介護求人の介護施設であん摩マッサージ指圧師の仕事に転職しませんか。

介護職求人サイトランキングはコチラ!

希望を叶える好条件・好待遇の介護求人情報

転職・就職活動に行き詰ってませんか。 介護職のお仕事探しが、早く・楽にできる情報があります!

10年後には4人に1人が高齢者になるといわれています。

現在も、これからも介護のお仕事は増える傾向にあります。

これから介護業界の環境がどんどん見直されていきます。

介護職への転職・就職に追い風が吹いてきます。

このような介護業界への転職・就職ですから、10年後、20年後を見据えて、自分のキャリアアップにつながるような就職・転職したいですよね。

ですが…

◇これから10年、20年先を見据えた働き方って??

◇自分の理想や希望にあった介護施設はどこ?? 

◇自分の資格はどこで活かせる??

◇これからどんな資格をとればいい??

◇働きながら資格が取れる介護施設は??

など、1人で考えてもなかなか先へ進まず、時間がかかるばかりです。

もし、介護職への転職・就職でお悩みをお持ちなら、介護職の求人が豊富なサイトの求人情報をご覧になることをお勧めします。

しかも、介護業界で最大級の転職支援サイトでは、専任のエージェントがあなたの悩みを解決し、最も適した介護の求人を紹介してくれます。

完全無料で、登録はカンタン30秒!

最短3日でお仕事を開始できるかもしれません。

◆1日でも早く就職・転職したい方

◆少しでも好条件・好待遇の求人をお探しの方

に特におすすめです。

機能訓練指導員の勤務先

機能訓練指導員 とは

【仕事の内容】
生活機能向上プログラムの指導のお仕事

①日常生活で必要な身体機能の維持改善のための個別訓練計画の作成
②機能訓練の実施
③介護職員への指導(日常動作におけるリハ的行動)
④モニタリング など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
看護師(国家資格)・准看護師(知事資格)・作業療法士(国家資格)・理学療法士(国家資格)・ 言語聴覚士(国家資格)・ 柔道整復師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
※類似資格の中で鍼灸師は要項を満たしません

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

都道府県平成28年平成29年
4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
奈良1.131.141.131.161.111.131.341.241.261.221.221.21

※平成27年1月以前の数値は、平成27年1月分公表時に新季節指数により改訂されています(季節調整法は、センサス局法Ⅱ(X-12-ARIMA)による)。
(資料出所)厚生労働省「職業安定業務統計」

有効求人倍率の統計対象と算出例

有効求人倍率の統計対象は公共職業安定所(ハローワーク)を通じた求人・求職に限られています。
つまり求人雑誌に掲載されている求人情報や、求人サイトなどに登録されている求職者情報は統計には含まれていません。
また、新規学卒者に関する求人・求職も統計対象外となります。それでは、計算例を見てみしょう。

有効求人数(※1)が100件、有効求職者数(※2)が200件の場合の有効求人倍率の算出方法は以下の通りです。

100(有効求人数)÷200(有効求職者数)=0.5(有効求人倍率

※1 有効求人数とは
前月から未充足のまま繰り返された新規求人(その月受け付けた求人)との合計。
※2 有効求職者数とは
前月から繰り返して引き続き求職している者と新規求職者(その月に受け付けた求職申込み)との合計。

つまり、求職者の総数と求人数が同じ時、有効求人倍率は1となります。
この値が1を上回れば「人手不足」
1を下回れば「就職難」を意味していることになります。



検索数の多い介護施設

このページの先頭へ